弥生屋のゆかた

 

生地は「綿ちりめん」

 

弥生屋のゆかたは女性の凛とした美しさを引き出す、ゆかた。

 

生地は年々夏の暑さが厳しくなる中、綿ちりめんという張りがあり、シャリ感のある肌に涼しい生地にこだわりました。

 

長板染めなど高級ゆかたの生地につかわれている希少なもので、洗うほどにしなやかに肌に馴染みます。

 

染めは伝統工芸「注染」

 

弥生屋でデザインした柄をもとに型紙を彫ってもらい、その型紙を使って東京の老舗の染屋さんに染めてもらっています。

洗いこむほどに染め色が落ち着き、色の変化も楽しみの一つ。

製造工程のほとんどが熟練の職人による手作業です。

 

注染の工程の詳細はこちらからご覧ください。

 


仕立て

 

仕立てはこれまで様々なゆかたを着てきた弥生屋が考えた女性らしさを引き立てるこだわりの仕立て。

弥生屋が心を込めて一針一針制作しています。

 

一般的な袖丈より長めの優雅な袖丈。

通常の仕立てでは衿を抜いて着る事が難しいゆかたですが、着るだけで美しくカーブを描く衣紋の抜き。この衣紋の抜きが見た目にも涼を与えてくれます。

又、着た時にゆかたの柄が一番引き立つような柄の見せ方にこだわっています。

 



弥生屋の帯

 

弥生屋デザインの博多織帯です。

 ゆかたには勿論、着物にも合わせられるように柄違いで両面使える帯にデザインしたものです。

意匠を作ってもらい、糸から染めて織ってもらっています。

 

博多織はたくさんの経糸に、細い糸を数本まとめあわせた太い横糸を力強く打ち込んで作られるしなやかでありながら丈夫な絹織物です。

絹鳴りと呼ばれる締める時に絹が擦れて鳴る「キュッキュッ」という独特の音が特徴です。「博多織の職人は鳴かせてこそ一人前」という言葉が受け継がれているのだとか。